当サイトはプロモーションを含みます

【ヒルナンデス!】上野でテイクアウトグルメおすすめ4選!オスシマチの飲めるサーモン寿司、れんこんコロッケ、精養軒のビーフシチュー

スポンサーリンク
ヒルナンデス! 上野 テイクアウトグルメ おすすめ オスシマチ 飲めるサーモン寿司 れんこんコロッケ 精養軒 ビーフシチューテレビで紹介された人気店・激安店
ヒルナンデス! 上野 テイクアウトグルメ おすすめ オスシマチ 飲めるサーモン寿司 れんこんコロッケ 精養軒 ビーフシチュー
スポンサーリンク

人気テレビ番組、ヒルナンデス!2024年3月19日の放送で紹介された上野花見おすすめテイクアウトグルメ4選!が良かったので備忘録としてまとめです。グルメ激戦区上野の寿司・揚げ物・スイーツ・あったかグルメまで厳選されていて、全部食べたくなりました!

上野恩賜公園で3月22日から開催される上野さくらフェスタで食べたい

  • 創作寿司の人気店、ほぼ上野 オスシマチの飲めるサーモン寿司
  • 上野れんこんのれんこんコロッケ
  • 精養軒のビーフシチュー
  • ドンレミーアウトレット上野駅前店の春限定さくらスイーツ
  • 松坂屋上野店の花見弁当

などが紹介されました。

スポンサーリンク

東京随一のお花見スポットである上野公園近くでテイクアウトグルメを楽しむ

「ヒルナンデス」の3月19日の放送は、桜のお花見の季節を前に、東京随一のお花見スポットである上野公園近くでテイクアウトグルメを楽しむ内容です。上野アメ横からスタートします。

上野恩賜公園で3月22日から上野さくらフェスタ開催

上野恩賜公園では3月22日からは上野さくらフェスタが開催され、1200本の桜と50店舗以上の出店があります。

屋台グルメの他にも上野恩賜公園ならではの面白いイベントが盛りだくさんです。オーケストラと一緒にできる体験も珍しいものです。「指揮者はあなたです。コンダクト アスin上野公園」はイベントは3月24日と3月31日の日曜日にそれぞれ時間限定で開催されます。

上野公園には50種類の桜があります。早咲きの河津桜の他、日本の固有種のヤマザクラなど様々な桜があります。御衣黄(ギョイコウ)という珍しい桜もあります。花が緑色なんですよね。花びらに葉緑素があって、緑色の花がつくんです。4月中旬頃に咲きますので探してみてくださいね。上野公園は日本で一番最初の公園です。明治時代からあります。

上野近辺はグルメスポットとして東京周辺でも随一の激戦区

上野近辺はグルメスポットとして非常に人気があり、東京周辺でも随一の激戦区です。お花見といえば、チラシ寿司やおいなりさんなどが人気です。お花見の際には、人気の食べ物ランキングにお寿司が入っています。アメ横というと年末の買い物のイメージですが、牡蠣が1盛り1000円など、相変わらずお手頃な価格で提供されています。イワシも一盛り500円で、中には20匹ぐらい入っているでしょうか。アジもたくさん入っています。

食べ歩きが楽しいフルーツ飴は400円で、見た目も綺麗です。さらに、ケバブなど海外のお料理のお店も増えているようです。

ほぼ上野 オスチマチの飲めるサーモン寿司

少し離れた場所には「ほぼ上野 オスチマチ」というお店があります。ほぼ上野に位置しており、2年前にオープンしました。こちらはテーブル席があるビストロバー風のお店で、グラスが逆さにぶら下がっていたり、ブランケットも用意されているなど、洋風のこじゃれた雰囲気が楽しめます。店長は玉川さんです。

SNSの口コミを見ても絶賛されてる人気のお店です!

マンゴーカット寿司

テイクアウトはできないメニューですが、創作寿司で、マンゴーカットした本マグロ中トロ、サーモン、カンパチの寿司です。マンゴーカット寿司です。サーモンはゆずの皮といくらがトッピングしてあります。1貫549円で、ネタを分厚くカットしてマンゴーカットしています。サーモンにはクリームチーズ、カンパチにはオレンジ、トロとシャリの間には黄身の醤油漬け、サーモンの中にはクリームチーズが入っていて、濃厚な味わいになります。カンパチはオレンジとバルサミコースなど、令和の最新創作寿司です。濃厚だけど意外とさっぱり食べられます。お米がちょっと固めに炊いてあるんでしょうか。バランスがいいですね。お酒が飲みたくなるお寿司です。このカットになってるからこその味わいが口の中一杯に広がります。

エビカニ合戦

もう一つのおすすめは「エビカニ合戦」です。エビカニ合戦は、カニの甲羅の下に細巻きが入っています。エビ、カニ、卵黄やいくら、貝の出汁が入っており、カニ味噌とゆずが細巻きに入っています。このスプーンで甲羅の中を混ぜてソースにし、下の細巻きにかけて豪快に食べるという想像を絶する一品です。価格は1099円です。画力もすごいですね。これはシェアして食べれそうです。

飲めるサーモン寿司

桜祭り用のテイクアウト寿司があるそうです。それがなんと、ちょっと変わった飲めるサーモン寿司です。「魚巻き寿司 飲めるサーモン寿司」は1500円です。低温調理して、サーモンの食感をつるりとなめらかにしてます。いくらをトッピングしています。食べる直前に自分で海苔を巻いていただきます。とろけるサーモンの食感と、ゆずといくらの組み合わせ、どのようになるのでしょうか??サーモンが本当にとろっとしてます。

上野れんこんのれんこんコロッケ

次は上野で唯一のれんこん専門店の絶品コロッケです。上野駅から徒歩5分のれんこん専門店、上野れんこんです。不忍池のハスの花にちなんで、上野レンコンと名前がつきました。お店でやってるれんこん料理の種類は20種類以上です。れんこんコロッケは、お花見にぴったりのグルメだということで人気になっています。和風のお店ですね。

こちらも料理の腕が抜群で、SNSでの口コミ評価も非常に高い人気店です。

レンコンとホタテの蒸ししんじょ

コロッケ以外にもおすすめのメニューがあります。おすすめのメニューがレンコンとホタテの蒸ししんじょです。飛びこが乗ってますね。綺麗です。780円です。すり下ろしたレンコンにホタテの貝柱、粗めに刻んだレンコンも加えています。ふわふわのレンコンの中にホタテの旨味と粗切りのレンコンの食感の組み合わせが抜群です。

レンコンの風呂敷風そぼろあんかけ

もう一つのおすすめは、レンコンの風呂敷風そぼろあんかけです。レンコンを6時間煮込んで、レンコンの食感をほくほくにしています。820円です。お箸でスッと切れるぐらい柔らかくなっています。優しい味のそぼろあんが、レンコンの旨味を引き立てます。レンコン専門店ならではのメニューです。サクサクしてるけど、溶けるぐらい柔らかいという不思議なバランスです。

れんこんコロッケは塩でいただく

お花見にぴったりの人気ナンバーワンコロッケは、れんこんコロッケ5個で750円です。じゃがいもは全く使わず、すりおろしたレンコンと粗みじんのレンコン、玉ねぎと鶏ひき肉で旨味を加えています。ソースではなく、塩でいただけます。食べやすくて好評です。レンコンの甘みとシャキシャキが両方楽しめます。

ドンレミーアウトレット上野駅前店の春限定さくらスイーツ

次は、上野で一番お買い得なスイーツ店の春限定さくらスイーツです。不忍の池、上野公園近くの入り口近くの場所です。河津桜が咲いてますね。上野公園入口から1分ほど行ったところにあるのが、ドンレミーアウトレット上野駅前店です。スーパーなどで販売されるスイーツを作る会社で、このアウトレット店舗では見た目が不揃いなどの商品を激安で販売してるんです。北千住にもお店があります。

杏仁豆腐70円、コーヒーゼリー70円です。カスタードプリン70円、相変わらず安いです。280円、結構大きいですが、ボリュームあって280円。これは確かにアウトレット価格!

桜餅パフェ

お花見にぴったりの春スイーツが新発売されています。桜餅パフェ170円、安いですね。見た目は華やかです。期間限定です。さくらクリームのムース、道明寺、白玉、つぶあんなどをトッピングしています。通常226円ですが、こちらでは税込170円です。

3色パフェ

抹茶、いちご、さくらの春の3色パフェもあります。さくらんと白玉がトッピングされています。こちらもスーパー店頭よりも、約50円お得になります。

どら焼きの皮だけというのも売っています。この量で120円は安いですね。どら焼きの皮とでおはぎを挟んで食べるアレンジレシピも美味しいですよ。どら焼きの皮が柔らかいんですね。

松坂屋上野店の花見弁当

松坂屋上野店では期間限定の花見弁当が約30種類販売されています。

北辰寿司 パンダミルフィーユさくらバージョン

北辰寿司では、パンダミルフィーユさくらバージョンが1380円で、10種類の具材を使っています。見た目は可愛いですが、本格的な味わいです。

北辰寿司の豪華海鮮三宝箱

北辰寿司の豪華海鮮三宝箱は、カニもたっぷり入っていて、本当におせち料理を超える分量です。握り寿司もしっかりボリュームがあります。毛ガニ、ズワイガニ、海、いくらの握り寿司のほか、チラシ寿司が11,800円です。これは、本当におせち料理よりも豪華ですね。

松岡のたけのこご飯2段弁当

お惣菜店の松岡では、たけのこご飯2段弁当が1188円で、様々な和の食材が入っています。

 

上野精養軒のビーフシチュー

ちょっと肌寒いこともある季節ですが、その時期にぴったりのテイクアウトグルメがあります。

上野で一番歴史のある洋食店、西洋料理店です。上野恩賜公園の敷地内にあります。ものすごく大きくて立派な建物は、上野精養軒です。上野で一番歴史ある西洋料理店です。小説にも登場しています。151周年となっています。日本に現存する西洋料理店の中で一番古いお店です。1872年創業です。窓からの景色も素敵ですね。

昔ながらのビーフシチュー

昔ながらのビーフシチュー、2800円が有名です。

ドミグラスソースを作るのに8日間

ドミグラスソースは、料理長は命の次に大事というぐらいこだわっていて、なんと作るのに8日間もかかります。肉10キロをオーブンで焼き目をつけて、ベースに入れて香味野菜などと一緒に6時間ほど煮込んで漉す、という作業を、6日間繰り返します。7日目にローストした牛バラ肉を投入します。奥深い味になります。仕上げに赤ワインとルーを加えて、もう1日かけて完成します。150年の歴史を生きてきた最高峰のシチューということです。ビーフシチュー1袋、1728円のギフトパックです。

同じドミグラスソースを使った人気メニューがハヤシライス、1800円ですね。具がたくさん入っていてゴロゴロしていますね。 そしてやっぱりお肉が柔らかいです。これは一度食べてみたいハヤシライスです。

モーリアンヒートパック

レトルトを熱々にするのがモーリアンヒートパックです。あっためたいものを袋の中に入れて、小さい袋の中にヒートパックが入っていて、ここに水を入れれば加熱します。加熱式のお弁当と同じシステムです。電気を使わずに簡単にレトルト食品などを温められるので、防災にもいいですね。加熱袋の中に発熱剤を入れてあげると、袋の中に異常気が充満して、15分から20分で中にあるものを温められます。

アメ横の看板、1つだけ「アメヤ横丁」書いてある理由は?

アメ横には、看板に「アメ横」と書いてある看板が3つ、3か所あるんですが、1箇所だけ「アメヤ横丁」と書いてあるんです。上野駅側です。看板付近に飴屋さんが多かったそうです。戦後の闇市があった頃は、飴屋さんが密集していました。糖分が不足していたので、飴を販売したら爆売れして、他のお店もマネするようになり、300軒近い飴屋さんがこのあたりに集中していたそうです。

タイトルとURLをコピーしました